賢いGoogleMapの使い方

年末も近づいてきてお客様に年末のご挨拶に伺うことに。
数百件ある住所録をもとに営業マンがGoogleMapを使いお客様宅を訪問するということになった。
しかし入力が大変なので一番早く入力ができそうな私に一任するという・・・なんだそれ!
どうやらうちの営業はGoogleMapマイプレイスを1件ずつ手入力しているようだ。。。
うーーーん仕事が遅い訳だ。

しかし賢いGoogleさんですからそんなことは朝飯前です。
エクセルに変換した住所録をインポートしてしまえばいいんです。
ものの数分の作業です。

1.次のURLにアクセスします。
https://mapsengine.google.com/map/?pli=1

2.使用するスマホ・タブレット・PCのGoogleアカウントにログイン

3.新しい地図を作成する。

4.エクセルの住所録をインポートする

5.目的を配置する列の選択
ここでは『住所』にチェックを入れて「続行」をクリックします。

5.マーカーのタイトルとして使用する例
ここでは『氏名』を選択します。

以上で完了です。

こんなに簡単にエクセルの住所録をグーグルマップ上に表示させることができました。
※実際には新しい地図を作る作業になります。

数日掛かる作業をたった数分で終わらすことができます。
夜遅くまで会社で残業して仕事した気になっていても時間の無駄ってこともありますからね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください