モンブラン本物か?偽物か?

知人からいただいたモンブラン万年筆
どうやらオークションで手に入れたようだが、国産の万年筆を使い始めたらあまりにも具合が良くてこのペンは不要になってしまったようだ。

手にしてみて最初に感じたことは『本物か?』
私の所有する国産の1万円から3万円程度の万年筆の方がずっとクオリティが高い

まず問題外だったのは全くインクが出なくて書けないこと。(笑
次にペン先の切り割りのズレ、イリジウムはほぼ中心にスリットが入っているので良いのだが、ハートマークも真ん中にスリットが入っていないのはいただけない。

字を書く際にはキャップは軸にさして書くと思うが、キャップがキチンと嵌らずすぐに外れてしまうのだ。
軸の材質もあまりにプラスチッキーで手触りも悪い


あとキャップリングの刻印の精度の悪さやクリップのリング部分にある刻印も???な感じがする。

このペンの全長は139ミリ、重量は20グラム(電子計りのバッテリーが無くて正確に計れなかった)

私の見たところでは限りなく黒に近いグレーなペンだと思う。
だれか真贋の分かる方いたら見分け方を教えて欲しい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください