万年筆

40歳を過ぎた頃から万年筆を使い始めた私だが使い始めたら手放せなくなった。
5万円だの10万円もする高級万年筆は買えないが、私のお勧めするのは

プラチナ万年筆 3776 税込10,800円
細字では一番のお勧め、カートリッジで使うことをおすすめする。

セーラー万年筆 プロフィットスタンダード 税込12,600円
他社より若干高い
しかしペン先の仕上がりといい、軸の豊富さを考慮してもおすすめのペンだ。

パイロット万年筆 カスタム74 税込10,800円

これらのいずれかを持っていれば一生他の万年筆を買わなくてもいい
というくらい完成度の高い万年筆だ。

ちなみに最初に買う万年筆だったら高くても安くてもペン先は「F」を
買うのが基本だと思う。
手帳には使わず、罫線間隔が8mm以上のノートであれば日本製「M」でも可
Fというのはペン先が細字で、Mというのは中字、Bは太字の意味
その他にもペン先は何種類もあり、深みにハマると色々揃えたくなるようだ。

なお、ペリカンやパーカーなどの舶来は日本製と違ってペン先がFでも
日本製のM(中字)というのが普通なので十分注意が必要
太字のBともなると宛名書きなどの用途に限られてしまうからである。

万年筆を使う上で注意する点がある。
・使い始めてから早くても3か月、頻度によっては半年から1年くらいは慣らし期間
・お気に入りのペンに出会ったら毎日字を書きましょう
・長期間使わない場合は、洗浄し完全に乾燥させてから保管する
・直射日光・高温・多湿は避ける
とにかく万年筆というだけあって永く使って自分の手に馴染むように育てたい
今は100円のペンでも十分使いやすいし、インクが擦れるような
万年筆は人気がないのが実情だが、使い込むと自分だけのペン先になってきて実に書きやすい。

【私のお気に入り】

1位
ウォーターマン ル・マン100アルレカン

知人から頂いたものを修理し使っている。
大型のペンで、ペン先は18k
しなりの無い「ガチニブ」だが、ペン先が紙に擦れる時の感触が良い

2位
プラチナ万年筆 #3776 センチュリー ブルゴーニュ&シャルトルブルー

ブルゴーニュF


これイイ!
1万円でこのできはなかなか真似できないと思います。
濃い透明軸、赤でもこの濃さなら男性が使っても全く違和感なし。
この濃さで他の色があっても良いと思う。
ペン先は14kで他社より大型になっているせいか、とても安定した書き味。
このペン、キッチリ線を書きたい方にオススメである。

3位
パイロットカスタム67
IMG_0907
こちらは初期型のカスタム67(F)
・ペン先にJISマーク有り(初期型でないものにはJISマークが無い)
・胴軸の中に錘が入っているのが見える。(初期型でないものは覗いても中は真っ暗)
ペン先のしなりと軸のバランスが絶妙で本当に書きやすいのである。

1万円以下ではこれがおすすめ
プラチナ 3776(M)PTB-5000B


ペン先はMだが普段使うのにちょどいい太さ
価格も5,000円と手ごろでペン先の種類が豊富
ペン先はスチールだが書きやすいペンだ。
万が一無くしても惜しくないしね。

今買うならコレ
パイロット カスタム74

こちらは現行商品のカスタム74
これ買っておけば普通の人は問題ない、一生使い続けられる。

手帳用におすすめ
パイロット ステラ90s(F)

3度ペン先を交換し、やっと気に入ったペン
小型でかわいい、手帳専用

セーラー プロギアスリムミニ
IMG_0894
ペン先は首軸ごとプロフィットSTのFに交換
これは可愛さだけで購入してしまった。

番外品
セーラー プロフィット21長刀


一度使ってみたいと思い購入してみたが、思うような字にならないので引出しの肥やしに。
特殊ペン先は万人向けではない。

私の仕事はパソコンオンリーですが、下手なりに字を書くのが好きなので万年筆を使っています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください