バスケットボール」タグアーカイブ

第51回北信越大学バスケットボール選手権大会兼インカレ予選

昨年に引き続き『秋北』に行ってきました。
今年の会場は新潟県鳥屋野総合体育館、こちらの体育館は2年前の高校バスケ北信越大会の会場だった所です。なつかしい

秋北は2位以内に入れば11月20日〜11月26日に行われる「全日本大学バスケットボール選手権大会」インカレに出場できる大切な大会です。
今回の大会で敗退したチームの4年生は引退となってしまう大切な大会です。
そんな先輩たちのためにもなんとしてもインカレに行かれるよう頑張って欲しいのです。

台風22号が接近するなか高速を飛ばして鳥屋野へ、時間に余裕はあるのですが既に体育館は満車状態・・・
駐車スペースがなくて駐車場内をグルグル周ります。なんとか駐められる場所を見つけて体育館へ

28日土曜日の午前中にブロック決勝、勝ち進んだのは4チームで決勝リーグは総当りで戦います。
・新潟経営大学
・新潟医療福祉大学
・金沢大学
・富山大学
このなかから上位2チームがインカレ出場です。

現在北信越の大学男子バスケは新潟経営大学が抜きん出ています、あとのチームはほぼ実力が拮抗していて接戦が予想されます。
見守るチーム関係者からすると胃の痛くなるような展開になるのです。

案の定私の応援する富山大学は新潟経営大学との試合以外は全て接戦になりました。
内容はもう少し丁寧なバスケをすればターンオーバーは避けられ、せっかく引き寄せた波をいとも簡単に相手に渡すことは避けられると思うのだけど。

あとはどう見ても走り込み不足かな、足を攣る選手が多いのも困ったものである。
なんとか2位に滑り込めたから良かったが、本番まで1ヶ月無いのだから体調を整えつつ走り込んで欲しい。


2016インカレバスケの応援に行ってきました。

img_1316
インカレの応援のために代々木体育館へ行ってきました。

原宿駅に降りるのもウン十年ぶり・・・笑
先に京都から来ていた長男と体育館で合流、次男もアップを終えてスタンドに戻り久しぶりに親子4人が揃う。
次男の表情は硬く緊張気味、何と言っても初戦が優勝候補筆頭の相手では仕方ない。
『いつも通りにやればいいよ』と声を掛けるも聞こえてはいない様子

試合の内容は言うまでもないので割愛しますが、この場に立てただけでも一生の思い出になるんじゃないかな。
今大会で引退となった皆さんお疲れ様でした。
この幸せな経験を忘れずに社会に出てからの糧にして欲しいと思います。

私も久しぶりに東京を満喫できたので楽しかったです。
早朝の地震には驚かされましたけどね・・・


第50回北信越大学バスケットボール選手権大会兼インカレ予選

大学生になった息子のバスケットボール、インカレ出場応援に2年ぶりに福井へ行ってきました。
2年前のインハイ北信越予選は美浜町・敦賀市でしたが今度は少し近い福井市内です。

金曜日の予選トーナメント第一試合は無難に勝ち進み、土曜日の予選第2試合
開始わずか数分で2ファール・・・オイオイ
苦しい展開にしてしまいましたが何とか逆転勝ち

同じく土曜日の2試合目から決勝トーナメント
相手は新潟医療福祉大学
高校時代は県代表で全国大会に出場するなんて当たり前の気持ちでいたのですが、北信越から2チームしかインカレには出場できないのですから厳しい戦いが予想されます。

決勝トーナメント1試合目も何とか勝ち進み最終日へ、決勝T2試合目に勝てば全国への切符が決定します。
相手は新潟大学、序盤からリード許す厳しい展開
最大で12点差を離されて私の気持ちの中では少し諦めかけた部分もありました。
しかし3ピリ終了間際の展開からこちらにようやく流れが来ました。

4ピリでは久しぶりに痺れる試合を見せてもらいました。
私も思わず何度もガッツポーズをしてしまいました。
この試合に勝ってインカレ出場が決定!
決勝戦となった3試合目は惜しくも9点差で負けましたがよく戦ったと思います。

【最終結果】

期日:平成28年10月20日(木)~23日(日)
会場:福井市体育館 丸岡体育館

男子
第1位 新潟経営大学
第2位 富山大学
第3位 新潟大学
第4位 新潟医療福祉大学

女子
第1位 北陸学院大学
第2位 新潟経営大学
第3位 新潟医療福祉大学
第4位 新潟青陵大学

男女とも第2位までのチームが11月に行われる全日本大学バスケットボール選手権大会(インカレ)に出場決まりました。


ウィンターカップ・勝負というものはこういうもの

息子の高校バスケットボールの集大成であるウィンターカップ2015
まさか一回戦から手の内を知り尽くした相手とは思いませんでした。
でもこれが勝負というものだ。

DSC_9358s
一回戦敗退で試合を終えた息子は『今の自分にできるプレーをした』とのこと
親バカな私ですが確かに闘志あふれるプレーは見ることができました。

悔しさはこれからジワジワ感じるのだろうけど、精一杯のプレーができたことは良かったと思う。

長男と次男あわせて9年間のバスケ追っかけも幕を閉じました。
応援して下さった皆様、本当にありがとうございました。


祝!WC2015出場!

ウインターカップ第46回全国高校バスケットボール選抜優勝大会長野県予選が10月11日・12日
安曇野市穂高総合体育館で行われ、私も2日間休みを取って応援に行ってきました。

初日からスタートは3年生がスタメン
10年ちかく東海大三バスケを見てきましたが、WCでスタメン全員3年生というのは珍しい。
それだけ充実したチーム作りができているのだと思います。

得点能力の高い選手が多く、1Qで点差をつけて2年生と交代
2年生も同じように得点を重ね勝ち進みました。
いままでのWC決勝は緊張のせいなのか?案外と苦戦するシーンがありましたが、今大会は決勝も安心して見ていられました。

特に3年生の笹倉選手は『笹倉劇場』と言われるくらいのプレー
オールラウンダーと呼ばれる選手ですが、中から外から得点を重ねていきました。
もちろん他の選手もフリーになれば3ポイント、ディフェンスをかいくぐりドライブを連発
相手がオールコートからゾーンプレスに変えても全く動じずに得点していきました。

ただインタビューに答えた瀧澤主将のように、「全国大会に行くと、自分たちより強いチームがごろごろいるので、もう一度初心に帰って一から取り組んでいきたい。」というように全国は凄いチームが沢山います。

あと2ヶ月、今以上にチームにチカラをつけて最後の舞台に望んで欲しいと思います。
DSC_8893