ヒルクライム」タグアーカイブ

車坂峠ヒルクライム2010

今日は第6回車坂峠ヒルクライムレース
地元のヒルクライムなので今年も昨年に続き参加してきました。
チタンフレームで初のヒルクライムレースです。

前日受付もしてあるので朝は普段とかわらない時間に家を出る。(それがいけなかった・・・)
いつものようにのんびりコーヒーを飲んでから自宅を出る。
余裕を持って東信材木センターの仮駐車場に到着
さてバイクを組み立ててと・・・

あれ?ポンプ無いんですけど(汗
仕方ないので隣の方にお願いしてポンプ借りました、スイマセンでした。m(_”_)m
そのほかにもいくつか忘れ物アリ・・・

ボーゼンとしていても仕方ないので準備を進めます。
荷物を預けて開会式になるのですが、開会式は日陰になって寒いので、ロードレーサーの部のスタート地点で待つことにします。
その間に坂を何往復もし、心拍を少しでもあげる努力を

出走確認(係員が少なくてなんだか大変そうでした)を行ってからスタートを待ちます。
30分以上あるので暖かい日差しの下で眠くなってきてしまいます。
周りを見ると皆さんカーボンフレーム&ホイールと、一体いくらするの?ってくらいカッコいいバイクでスタート待っています。
なんだかテンションが下がったような・・・笑

9:30に40歳以下の部がスタート、5分後に40歳以上の部がスタートになりました。
スイマセンいつもスタートダッシュが遅くて・・・

皆さん速いですねぇ。。。でも出だしでそんなに飛ばして勾配がキツイ区間が長いこのコース
あとが大変になりそうなので私はあくまでマイペース

しかし3km過ぎたところで膝が痛い(泣
しばらく様子見で走ります。
5km過ぎで膝の痛みがマヒ?してきたので少しペースをあげます。

今日はゴール以外ではダンシングしませんでした、淡々と上ることを心がけます。
6km過ぎ、スタート直後は肺もキツカッタですがここまできたら楽になってきました。
しかし9km過ぎからは空気が薄くなったせいでしょうか?
心拍はそれほど高くないはずなのに、肺に空気が入ってこない感覚になりました。

残り3kmからペースアップの予定が上げられません。

残り1kmゴール地点の建物がすぐ目の前に・・・
必死でもがいてゴールか?と思ったら、もうひとつヘヤピンカーブがありました。ヲイ!
一旦引き離した方たちに追いつかれてしまいました。
しかし最後の直線で必死の貧脚ダンシング!
終盤同じペースだった某おぢちゃんが所属するTREKマドン?とイエローを基調としたPINARELLOドグマ?乗りの二人を振り切ってGOAL!

ゴール付近の様子です。(※下山するときに撮影したもので、私は写っていません)

タイムは!(今年もナイショです!大汗)

ゴールは肺が破裂するかとおもいましたよ、きつかったー
しかしおいしいトン汁やコーヒー・バナナを頂いて補給も完了しました。

では下山することにします。
先導車を追いかけながら下ります。(安全第一で)
駐車場まであとわずかだったが・・・・・・プシュ!(ヲイ!

運良く転倒せずに停止、だれもいなくなった山で一人寂しくチューブ交換。

ちょっとおまけが付きましたが無事下山
車で着替えてから表彰式へ
40歳以下、優勝者は連覇でしたね。

40歳以上、牛丸さんは有名ですね。(私と年も変わらないのだが・・・)

ま、表彰は私に無縁なので美味しいスープ、やきそば、フランクフルト、メロンパン、ジュースと頂いちゃいました。
どれも美味しかったです!

昨年来自分なりにトレーニング?を積んで、昨年よりもタイムを縮めることができました。
派手なバイクが多いなか、チタンフレームも案外と目立つんじゃないか?って感じた。
「チタンですか?ヒルクライムでは珍しいですね」って話しかけられたりもしましたし。
まぁ私程度の脚ならなに乗っても変わらんってこともあるが・・・汗

今日一日、無事にレースを終えることができたのは大会関係者皆さんのおかげです。
また自転車をいつも見てくださる輪徳さんにも感謝しなければならないと思います。
ありがとうございました。

来年も美味しくミネストローネが頂けるよう頑張りたいと思います。(やっぱりそこか!)

————————————————–
リザルト発表になりました。
http://asama-cycling.joho-hiroba.org/info/2010_asama-cycling_result.pdf
思ったよりタイム悪くてちょっと凹んでます。。。


車坂峠ヒルクライム大会

今日は、信州・小諸 第5回サイクリング・フェスティバルあさま 車坂峠ヒルクライム大会へ行ってきました。

一昨年に続いての参加でしたが、天気もよく最高のヒルクライム日和でした。

8:45分から開会式、小諸市の市長さんのご挨拶

9:00からエンジョイの部スタート
我々は2km戻って出走確認をし、スタートに備えます。

9:30ロードの部スタート
スタートは3分の1くらいからスタートしましたが一気に抜かれて後方に・・・

苦手なヒルクライムなので膝に無理が掛からないようにキコキコ回して上ります。

途中、抜かれることはあっても抜くことは少ないです。(笑
MTBのTOPグループにも抜かれてしまいました。

残り1kmからスパート、最後の直線は必死にもがいてゴール

タイムは・・・言えません(爆

でも予定通りのタイムでゴールできたので満足です。

ゴールしてからはスープやコーヒーなど頂きました。ごちそうさまです。

標高2000mは気持ちがいい!さすが日本のラルプデュエズ!

今日は私の見た限りでは事故も無かったみたい。
下山途中で落車があったようですね。
頂上から下るときは先導車がいますが結構スピードが出ています。
上りより下りは大変危険ですから注意が必要ですね。
パンクが原因のようなので仕方ないし、命に別状ないみたいなので良かったです。

関係者からは、下る際に「絶対に反対車線に出ないように!」と注意されましたが何人かの方は猛スピードで反対車線を下っていきました。
関係者の方は注意を喚起しているのに、参加者がルールを守らないのは失礼なこと
参加させてもらっているという意識をもって行動したらいいと思います。

地元のイベントなので来年もまた参加させて頂きたいと思います。