青木湖」タグアーカイブ

青木湖ツーリング2014

今年もまた青木湖・白馬方面へ自転車ツーリングに行ってきました。
20140516

2009年は木崎湖まで、2010年から4年連続で行っている事になる。
今年はSprocketsさんが米国から出張してくるので二人でのライドとなった。

朝6:30上田駅を出発
空は快晴で絶好のツーリング日和、市内は平日なので出勤・登校途中の人でちょっと気を使いながらR143を青木村方面へ

昨年からめっきり走行距離が減ってしまいダメダメは私
スタートからあまり飛ばすと直ぐに売り切れるのは必死なだけにSprocketsさんには悪いがサイクリングペースで走る。

青木村に入ると中学生が必ず挨拶してくる、朝っぱらから自転車に乗ってブラブラしてる変なオッチャン二人にも普通に挨拶してくれるのだ。偉いなぁ・・・

坂がキツくなるといつもの単独走に、レース期間中のSprocketsさんなので少しでも脚に負荷を掛けたいらしい・・・^^;
私はあくまでもマイペースで上る。
そんな私を気遣ってくれ、ペースを合わせるために片足ペダリングで峠を上ってしまったSprocketsさん
ちなみに私はダンシングでも追いつけなかった。(汗

それでも順調に走ってきたのでこのペースなら早い時間に白馬に着くと予想
途中で見えた常念岳がとても綺麗だった。

下りも順調に飛ばして明科へ
県道51号線池田町-大町市-木崎湖は向かい風が強く、Sprocketsさんに引いてもらうのだが
少し風が強くなったり、坂がキツくなるとちぎれてしまうのだ・・・
DSC01090s

木崎湖から単独で走っていた時のこと、何と目的のひとつでもあった青木湖のおやきやさん「四季の詩」のおばちゃんに出会ったのだ。
軽トラックで脇道から出てくるおばちゃんを偶然にも見かけたので呼び止めたのだ。
残念なことに店は2年前に閉めたとのこと、2年前に3人で行ったあとに閉店したらしい。
昨年は時間がなくて店には行かなかったのでわからなかったのだ。

しかし何という偶然なんだろう。

木崎湖あたりからお天気が怪しくなっていたのだが、青木湖に着いてからは結構強い雨に
ハンドルバーに付けていたカメラも雨に濡れてヤバイことに
しかしもっとヤバイのがこの「寒さ」
天気予報では今日の長野県内で一番気温が高いのが大町市だったのに。
DSC01100s

雨と寒さのために青木湖から白馬、鬼無里村の間の写真は撮る余裕がなかった。

白馬のセブン-イレブンで補給を予定していたが、雨の方向に走るのは嫌なので鬼無里へ向かう
しか~し! 406号へ抜ける峠が今日一番の激坂だった(泣
13%くらいあったのかな?軽く死ねましたよ。
406号に入っても坂は続きます、しかも道が悪くて・・・

頂上のトンネル出口で待っていてくれたSprocketsさんと合流
DSC01105s

坂の苦しみは終わったが、今度は寒さが待っていた。
二人で歯を鳴らしながらゆっくり下ります。
もちろん雨が降っているので後輪から飛んでくる水しぶきがお尻も濡らします。

鬼無里の里に下り、道の駅に到着(鬼無里は旅の駅と言うらしい)
食堂「ホワイトタイム」さんがあったので昼食に、私は焼きカレーを食べました。
ええ、少しでも熱そうなものが食べたかったんです。

また走りだしてからも寒かったのですが、補給も手伝ってかしばらくして体も温まってきた。
あとは長野市内へ向けて下るだけ
しかし長野市から鬼無里へ上るのは考えただけでも嫌だな、延々と続く上りなんだもん。

市内は国道を走り、川中島から裏道、サイクリングロードと走って16時過ぎに上田に到着

2年ぶりの100マイルオーバーでちょっと自信なかったんですが、無事に走り終え楽しいライドになりました。

次回ツーリングはいつになるか分かりませんが楽しみにしています。

走行距離:171.76km
Av:22.3km


青木湖へ行ってきました。

久しぶりにお会いしたSprocketsさんと青木湖へ行ってきました。
18号線を走り四十八曲峠を上り麻績403号から右に折れ55号を差切峡(さしきりきょう)を通過

写真では分からないのですがとっても不思議な光景です。
なんなんでしょうか?断層なのか?私にはよくわかりませんがいつか一眼レフ持ってハイキングも良いかもしれません。
19号線を横切って八坂村方面へ、ニュースでは聞く地名ですが初めて通ります。
ここからの坂がキツカッタな!かなりペースダウンさせてしまいました。

峠を越えるとこんな景色が!(これまた写真では伝わりませんが)

ここから一気に下って大町市内へ、当初の目標は木崎湖でしたが食事できる所がなく先へ進むことに
私はハンガーノック寸前・・・マジやばかったです。
必死に走って中綱湖を過ぎ青木湖へ
しかし青木湖も静まりかえっていてなんだか不安に・・・

しかし「信州の味何処 四季の詩」さんの暖簾が出ていました。

もう本当に助かりましたよ。
二人が注文したのが「ぶっこみうどん」みそ味です、量も多いです。

気さくなお店のおばちゃんは”蕗味噌、から~い鷹の爪”を出してくれました。
とっても美味しかったです。

「上田から来た」と言ったら驚いていました、まあそうでしょうね。
ゆっくり休ませて頂いてから帰路につきます。
まずは青木湖を一周します、水が青く澄んで綺麗なのには感動しました。

ここもいつかカメラぶら下げて来たい所になりました。

帰路は148号-51号と走り明科へ
終わった脚でしたがせめてもの救いは強い追い風、向かい風だったら死んでたな・・・
明科から会田へ入り143号を必死に上がりました。(本当に必死です)

余裕の走りのSprocketsさんには峠道を何度も昇り降りさせてしまい申し訳ない。。。
どんな坂でもインナーに落とさないんだから・・・相変わらず凄すぎます。

頂上からはスイスイ走って上田へ到着(ウソです、平地でも必死に回しました。。。)
本当はお見送りにもう少し並走したかったのですが、本当に脚が終了・・・

と~っても疲れましたが色んな景色を楽しみ、Sprocketsさんとも2年ぶりに走ることができて良かったです。
相変わらず遅い私ですがまたいつか宜しくお願い致します。

走行距離172.3km
AV23.2km


木崎湖まで行ってきました。


女房はお仕事、子供たちの自分の予定があって
例のごとく私は自転車にまたがる。
どこへ行こうか迷ったが青木峠超えすることに。
春先に走った時には凍え死ぬかと思ったっけ。

暑さも和らぎ、今日は絶好の自転車日和になるだろう。
3時には帰宅しないといけないので時間で折り返すことにして出発。

峠に差し掛かる手前で一休み、今日は膝に違和感がある。

峠の途中でも一休み、エゾ鹿が私の気配に気付いて山の急斜面を逃げていった。
熊でなくてよかったぞ。

頂上に到着

トンネルは怖いです。(>_

ここからは下り基調なので明科までは脚を休める。
いつだったかもここで写真撮ったっけ

明科のコンビニでおにぎりと水の補給

ここまで来たら仁科三湖でも目指してみようか。

19号から右に折れて犀川橋を渡り、県道51号を進む

車も少なく道も悪くないのでケイデンスが上がらないことを除けば順調に進む。

池田町に入り、池田工業高校横を通り過ぎる。

大町に入りバイパス147号、148号と白馬方面に進む
しかし仁科三湖の看板などは見当たらない
地元の方に尋ねると「あと12kmくらいだよ」とのこと。

ということは木崎湖はすぐ目の前だな・・・
時間も11時30分を過ぎてしまい折り返す時間だ。

木崎湖では写真1枚撮ってすぐにUターン

相変わらず何しに来たのか意味不明です。

復路は下り基調の向かい風、しかし往路よりは速度が出る。

なかなか景色の良い所です。

思ったより早く明科に到着、これなら3時には帰れそうだ。

再び明科のコンビにでおにぎりと水を補給
ここから青木峠の頂上まで長い上りになります。

長野自動車道をくぐります。
峠の途中では3回の休憩を入れる、もう秋が近いとは言えちょうど暑い時間帯だ。

あの山の向こう側まで行かねば・・・頂上は遠い

それでもキコキコ回して頂上へ、長かった~

あとは上田市内まで下りなのでラクチン!

予定通り3時に到着、息子も時間通りに帰ってきました。

子供との約束は守らないといけませんからね。

相変わらず意味も無く走っていますが、今度は青木湖まで脚を延ばしてみたいと思います。

走行時間:6時間52分
実走時間:6時間00分
走行距離:141.8km
AV:23.0km