excel」タグアーカイブ

Excel2013でブックの図形一括削除

Dim ws As Worksheet
Dim sp As Shape
Dim c As Range
Dim todo As Boolean

For Each ws In Worksheets
For Each sp In ws.Shapes
todo = True
If TypeName(sp.DrawingObject) = “DropDown” Then
Set c = Nothing
On Error Resume Next
Set c = sp.TopLeftCell
On Error GoTo 0
If c Is Nothing Then todo = False
End If
If todo Then sp.Delete
Next
Next

ネットに出てたものをコピペしただけ
これは便利


EXCELを2つ同時に簡単に開く方法

今のところ私の仕事で一番使用率が高いのが「Microsoft Excel」
24インチのモニターでファイルを2つ以上同時に開くことが多いので右クリックの[送る]メニューにエクセルのショートカットを登録している。
タスクバーのエクセルを右クリックして2つ起動する方法もあるが[送る]メニューの方がとても簡単

Windows7なら
・スタート
・プログラムとファイルの検索にshell:sendto
 (Windows8はスタート画面で「ふぁ」と入力し検索窓にshell:sendtoを入力)
・コマンドをコピペするとSendToフォルダが表示されるのでダブルクリックしてフォルダを開いたままにする
・コンピュータから、C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\Office14内にあるEXCEL.EXEを右クリックし「ショートカット作成」
・フォルダ内にできたショートカットを切り取り
・先ほど開いたままのSendToフォルダ内にペースト

以上でEXCELが右クリックの「送る」メニューに登録となる。

名称未設定 1

あとは目的のデスクトップ上のショートカットやファイルを右クリックし・送る・EXCELで開くだけ。

ぜひお試しあれ。